大好きな彼にフラれました

五年間ずっと片思いをしてきましたそして勇気を出して告白をして、たったの一か月でフラれたのです。

彼は私よりも年上です。七歳も年上で弁護士をしています。とても立派でモテる彼なのです。その彼に初めて出会ったのは、高校生の時でした。私はまだ子供でしたが、彼は大学生だったのです。兄の同級生で、兄とは親友だったのです。

家に遊びに来ていたのを見て、ずっとかっこいいなと思っていました。私にも優しいし、礼儀正しくて両親のお気に入りだったのです。そんな彼を好きになるには時間がかかりませんでした。気が付いたら大好きになっていたのです。

でもまるで雲の上の存在なのです。だから思いを打ち明けるなんてできませんでした。その時から弁護士を目指している事は知っていました。だから彼の夢を邪魔したくはなかったのです。でも五年間ずっと好きで、彼以外の男性が目に入りませんでした。やっと思いを打ち明ける事ができたのです。私は告白をしました。

すると彼は笑って「僕もずっと好きだったよ」と言って抱きしめてくれたのです。生まれて初めて一番嬉しかったです。でも彼は弁護士です。仕事が忙しくてなかなか会う事ができなかったのです。私がデートに誘ってもいつも返事は「無理」でした。何度もデートに誘ったし、何度も家に押しかけました。

でも彼にはそれがとても煩わしく感じたみたいです。ある日突然、家に彼がやって来ました。そして大事な話があると言われたのです。それは別れの言葉でした。「忙しいし、お前にかまってやれないから別れてくれ」あっさりとそう言われたのです。

とても悲しかったです。付き合ってまだ一か月なのです。デートらしいデートもしていないのに、彼からフラれてしまったのです。とても悲しかったです。