Monthly Archives: 8月 2018

理不尽なフラれ方

自分のいくつかある恋愛体験のなかでは、自ら終止符を打つという方が多かったです。それでもフラれた経験は3回あります。

最初の経験はずっと若い時(学生の時)だったので、もうこの世界が終るのではないかというぐらいにツラかったのを覚えています。この失恋は、なぜフラれたのか結局わからず仕舞いで、後味が悪すぎました。原因を追求しました。おそらく、彼も若く自信がなかっただろうから「彼女と付き合っているのだけれど、どう?」と友人や先輩に意見を求め、「あの女はやめておけ」的なアドバイスを受けたのではないかと思います。

交際期間は、人に言えないぐらい短かったです。次にフラれたのは、社会人になってからです。常に主導権を握られている感がありました。長期休暇の直前に「ちょっと昔の知り合いと会うので、休みの間は会えない」と言われました。知り合いって誰?と問いただすと、同じ地元の女性と答えました。

その人とは長期の休みの時ぐらいでないと会えない、仕事の悩みを相談されている、とのこと。それでも長い休暇の間、その女性とずっと会うわけでもないだろうし、「私との時間を少しぐらい作れないのか」と、やんわりと角が立たない程度に反論しました。

すると彼はキレて「もういい。さよなら」と言い捨てて出ていきそれきりです。もう訳が分かりませんでした。もともと自分が優位に立っていないと気が済まない質だったのです。共通の友人からは「あいつはワガママで変わり者だから、別れて正解よ」となぐさめられました。最後にフラれた経験は、お見合いをした相手でした。

プロポーズもされて、結納の日取りをいつにしよう、というタイミングで元カノが登場。その結婚、ちょっと待ってと申し出てきて、彼の気が変わり、破綻となりました。フラれた時の私のセリフです。「私とあなたは、まだ何も始まっていませんので、どうぞお戻りください」

フラれた理由は、女として見れない

私は大学生時代、彼にフラれてしまいました。

仲は良かったと思うのですが、もしかしたら違う意味で仲が良すぎたのかもしれません。

フラれたときの彼の言葉が、「〇〇を女として見れない、友達に戻らない?」だったからです。

じゃあなんで付き合ったんだと言いたくなりましたが、女としての魅力はないだろうと自分でもなんとなく分かっていたので、言い返すことが出来ませんでした。

だからといって、友人に戻りたかったわけでもありません。

仲がいいわけですから、友人に戻れたらやっていけたのかもしれません。

ですが、決して長くは無い期間とはいっても、1回付き合った人と友人に戻るというのは、変なかんじがしたのです。

喧嘩をしたわけでもありませんし、どちらかが浮気をしたわけでもありません。

だからこそ微妙なのです。

付き合わないほうが、今後も友人として上手くいっていたのかもしれません。

そう思うと、付き合ったことを少し後悔してしまいました。

ですが、彼と一緒にいた時間は楽しかったです。

友人としての関係に戻れば、楽しい時間をさらに過ごせることでしょう。

ですが、私は彼との関係に区切りをつけたいと思いました。

私はそのとき、彼のことが好きでした。

好きな人にフラれたという事実だけでも辛いのに、好きな人と友人として付き合っていくのはもっと辛いです。

それに、またいつかと期待してしまうに決まっています。

大学の同じ学部ということで、気まずくなることは必至でしたが、元々私たちの関係を知らない人がほとんどだったため、そこはなんとかなるだろうと思いました。

毎日彼の顔を見るのは辛いことだと分かっていましたが、好きな人と微妙な関係を保つよりはマシなのかなと思いました。

予想もしなかった突然の別れの言葉、優しさに余計に傷ついた私

私は、当時付き合っていた彼は、不規則な仕事をしていて、さらに、突然仕事のスケジュールが変わる事もしょっちゅうありました。

それに、仕事中は携帯電話もメールも使えない事があり、連絡が取れない時が多く、どうしているのか不安に思う事が多かったんです。

ただ、貴重な休みの日には、観光地や遊園地など、いろいろなところに出かけていました。

いつもギリギリになるまで休みの予定が決まらなかったので、前もって計画を立てる事はなかなかできませんでしたが、行きたい所や欲しい物など、私の願いは必ずといっていいほど叶えてくれました。

ある時、彼の家に泊まった私は、いつものように朝一緒に家を出て、それぞれ仕事に向かいました。

その日の夜、電話をくれる約束だったはずの彼から電話がなく、私は、また急に仕事になったのかと思っていました。

メールをしたんですが全く返信がなく、電話をしても通じないといった日が1週間続いた時、彼からやっとメールが届きました。

話したい事があるから今夜家に行ってもいいか、という内容でした。

友達からは、結婚についての話しではないかと言われました。

付き合い始めて3年経過していたので、そろそろかなとも思っていました。

ところが、その話しというのは、好きな人ができたから別れて欲しいという内容でした。

私と付き合う前に交際していた彼女と再会して、よりが戻ったと言うんです。

良く考えてみたら、連絡が取れなかった時というのは、その彼女と会っていたのかもしれません。

その彼女は、私がいる事は知っていて、このままではいけないと2人で話し合って、私に別れを切り出してきたんです。

彼は、別れを切り出してきた後も、私の事が心配で何度も電話を架けてきましたんですが、それが逆に凄く傷つきました。そんな状態だと、失恋から立ち直るなんて無理ですよね。

優しさというのは、人を余計に傷つける事もあるんだなと、その時につくづく思いました。

資料サイト 彼氏に振られた!彼女に振られた!辛い!諦められないアナタが復縁の望みを持ちつつ速やかに失恋から立ち直るという良いとこどりな方法